*

当然のことを言っているだけじゃないですか!~憲法改正・憲法解釈変更議論の基礎の基礎の基礎 (4)~

公開日: : 最終更新日:2015/01/22 憲法 , ,

photo credit: amsfrank via photopin cc
photo credit: amsfrank via photopin cc

約1600字(読了≒3分)

Taka
日本語しか話せないのに、日本語が分からない人でも理解できるように説明するなんてできないっしょ。
RIE
あ、え~、まぁ、そうですけど・・・
真面目に受け取られても困りますよ、先輩。
それくらい易しくお願いします、ということです。
Taka
了解了解!

第7条(適正手続と身体の安全)
何人も、法律が定めた場合で、かつ、法律が定めた形式によらなければ、訴追され、逮捕され、または拘禁されない。
恣意的(しいてき)な命令を要請し、発令し、執行し、または執行させた者は、処罰されなければならない。

というのは、つまり、
自分の独断で(=恣意的に)人の身体を拘束してはいけない、ということを言っているんだ。
RIE
え?
今も警察官が独自の判断で犯人らしき人を逮捕したりしていませんか?
Taka
おいおいおい!
RIE大丈夫か?
今は、法律の要件を充たさないと逮捕できないんだぞ!
RIE
そうかもしれませんが、逮捕されたけども実は無実だったとかよくあるじゃないですか?
それって、警察官が法律の要件を充たさない逮捕をしたからなんじゃないですか?
Taka
あぁ~~。
それは違うんだけど、今その話をするとややこしいから後でにしよう。
結論だけ言っておくと、逮捕時にそのあやしい人が本当に犯人かどうかは神様しか知らないわけだから、犯人らしいとの疑いが十分にあるならば逮捕しても良いと法律に書いてあるので、警察官は独断で判断しているわけではない、ということさえ分かってもらえればいいかな。
RIE
分っかりました~。
Taka
じゃ、次。

第8条(罪刑法定主義)
法律は、厳格かつ明白に必要な刑罰でなければ定めてはならない。
何人も、犯行に先立って設定され、公布され、かつ、適法に適用された法律によらなければ処罰されない。

これは、有名な“罪刑法定主義”の規定だね。
どういう行為にどういう刑罰を科すかは、前もって法律で定めないといけませんよ、ということを言っているんだ。
フランス革命が勃発するまでは、どういう行為をしたらどういう刑罰があるかは曖昧だったからね。
王様の一存という感じだったわけだ。
RIE
あらためて思いますけど、恐い時代だったんですね。
Taka
じゃ、次。

第13条(租税の分担)
公の武力の維持および行政の支出のために、共同の租税が不可欠である。
共同の租税は、すべての市民の間で、その能力に応じて、平等に分担されなければならない。

税金は必要ですということを宣言している点には何ら目新しいものはないよね。
この規定で重要なのは、その次なんだ。
租税の負担を「すべての市民の間で・・・平等に分担」するという点が重要なんだ。
RIE
あ~、分かります。
さっき、先輩が言ってましたよね。
第一身分(僧侶)と第二身分(貴族)は免税だったって。
第三身分(平民)だけが租税を負担していたのがその時代だったんですよね。
信じられません・・・
今からみると、当然のことじゃないですか。
RIE達は幸せなのかもしれません・・・
Taka
最後に、

第14条(租税に関与する市民の権利)
すべての市民は、みずから、またはその代表者によって、公の租税の必要性を確認し、それを自由に承認し、その使途を追跡し、かつその数額、基礎、取立て、および期間を決定する権利をもつ。

税金の使い道について市民が関与するということを宣言した規定だね。
この規定もとても重要だ。
RIE
そうですね。
これまでは、王様が自由に税金を取り立てて、その使い途も自由に王様が決めていたということを考えると画期的な規定ですよね。
なにせ、税金を納める市民がその使い途にも関与するというわけですから。
Taka
そうそう。
そういうことなんだよ。
ここまでの説明は理解できた?
RIE
はい。
RIEの理解力が優れているからだと思います。
Taka
え~、
そこは、僕の説明が分かりやすいから、ということにしてよ~。
RIE
そうですね。
その方が先輩のメンツも立ちますからね。
Taka
そういうわけではないが・・・

---次話へ続く---

関連記事

自衛権

これが“集団的自衛権”を巡る従来の政府解釈だったんだ。~憲法改正・憲法解釈変更議論の基礎の基礎の基礎 (8)~

RIETaka先輩、買ってきました。 カールのチーズ味とチーズビットです。 どっちがいいです

記事を読む

no image

王様の勝手にはさせないぞ!~憲法改正・憲法解釈変更議論の基礎の基礎の基礎 (5)~

約1100字(読了≒2分) Takaここまで説明をしたらもう憲法が何なのか分かったも同然だと思

記事を読む

ミサイル

閣議決定(Cabinet Decision)~憲法改正・憲法解釈変更議論の基礎の基礎の基礎 (9)~

RIE「わが憲法の下で武力行使を行うことが許されるのは、わが国に対する急迫、不正の侵害に対処する

記事を読む

photo credit: loretahur via photopin cc

歴史も具体的に考えると面白いですね~憲法改正・憲法解釈変更議論の基礎の基礎の基礎 (2)~

ベルサイユ宮殿 約1,500字(読了≒2分30秒) Taka憲法とは何か? を分かりや

記事を読む

photo credit: y.caradec via photopin cc

発端はバスティーユ牢獄襲撃事件でした~憲法改正・憲法解釈変更議論の基礎の基礎の基礎 (3)~

フランス人権宣言 約1500字(読了≒2分30秒) Taka平民(第三身分)は自分たちの

記事を読む

夫婦同氏制合憲判決

モダンvsポストモダン(憲法記念日)

約1,800字(≒読了3分) 5月3日は、憲法記念日です  本日、5月3日は憲法記念日です。

記事を読む

photo credit: JeepersMedia via photopin cc

「各議院」と「国会」とは違うんだよ!~憲法改正・憲法解釈変更議論の基礎の基礎の基礎 (6)~

RIE先輩、買ってきました。 マンゴー・カルピスとカルピスどっちがいいですか? Taka

記事を読む

集団的自衛権

“集団的自衛権”って何ですか?~憲法改正・憲法解釈変更議論の基礎の基礎の基礎 (7)~

RIE政権与党側だけでは、憲法改正の発議をすることができないというわけですね。 Takaその通

記事を読む

フランス国旗

そもそも憲法って何ですか?~憲法改正・憲法解釈変更議論の基礎の基礎の基礎 (1)~

RIETaka先輩、最近、時事問題として、憲法改正や憲法解釈変更の議論が新聞を賑わせていますね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • follow us in feedly


  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
    にほんブログ村



泊りんからの景色
「広瀬香美」さんは、事務所独立後もその芸名を使用することができるのでしょうか?

RIE先生、なんか最近、芸能人と所属事務所との争いが多い気がします

空と雲(NHK)
NHK受信料はなぜ払わないといけない?—NHK受信契約義務付け合憲判決(2017年12月6日)—

約8,000字(読了≒14分) NHK受信契約義務付け合憲判決が出た

空(東西南北奔走記)
旧条例名での逮捕状(In 沖縄)

---秘密基地にて仕事中--- RIEそういえば先生、新聞で、旧

%e3%82%84%e3%82%8a%e3%81%8c%e3%81%84%e6%90%be%e5%8f%96%ef%bc%88%e6%9d%b1%e8%a5%bf%e5%8d%97%e5%8c%97%ef%bc%89
「やりがい搾取」って…(逃げるは恥だが役に立つ)

RIE(今日は、土曜日で仕事も休みだ~。 でも暇… 先生の邪魔

%e6%9d%b1%e8%a5%bf%e5%8d%97%e5%8c%97%e5%a5%94%e8%b5%b0%ef%bc%88%e3%82%ab%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%81%af%e6%a8%a9%e5%88%a9%e3%81%a7%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%a6
カミングアウトは権利であって…―俳優(成宮寛貴さん)の突然の引退をきっかけに―

約2600字(読了≒5分) ---大学にて--- RIE(卒業

→もっと見る