英文契約書(英語契約書)/Contract

contract
沖縄で英文契約(英語契約書)/Contractを結ぶなら

下記ブログにて対話式で英文契約書(英語契約書)作成を易しく解説しております。

行政書士ってナニ?へのリンク

さらなる詳しい情報は、下記ウェブサイトへ

英文サポートセンターへのリンク

英文契約書作成のワンストップ・サービス

当事務所では、「翻訳士」(JTF)の資格を持ち、法務博士(専門職)と行政書士である真栄里孝也本人(私)が英文契約内容を精査した上で、英文契約書の日本語への翻訳・日本語契約書の英訳を私自身が作成いたしますので
英文契約書(英語で書かれた契約書)の作成をワンストップ・サービスで提供することができます。

英文契約書

外国人は、日本人とは異なり書面での合意を重視します。書面に書かれていないことはないも同じです。
ですので、外国人と取引をする場合は、後日の紛争防止のために、英文契約書を作成することをお勧めします。
英文契約書は、英語と法律の知識が必要となります。日常会話の英語と法律英語は同じ英語であっても、別物です。日本人でも、日本語での日常会話ができるからと言って法律が分かるとは限らないのと事情は全く同じです。
私は実際にアメリカにて、法律英語を日本語に翻訳しアメリカ本国で実効性のある英文契約書を作成した実績があります。
その当時の記録を2014年5月19日より、下記ブログ(業務ブログ)にて掲載しております。どうぞあわせてご覧下さい。

東西南北奔走記リンク

ロースクール時代に専門で法律を学んだことはもちろん、関連する米国法の英語論文を読解するなどの勉強法を採っておりました。英文契約書の作成についてはお任せ下さい。

是非、下記お問い合わせボタンから【真栄里孝也 行政書士事務所】までご相談下さい。

守秘義務
行政書士である私には、下記行政書士法12条により守秘義務が課されておりますので、秘密をもらすことはございません。
どうぞご安心下さい。

行政書士法12条(秘密を守る義務)
 行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。

お問い合わせ

英文契約書作成までの流れ

赤色の部分がご相談者様にご協力していただく部分です。

ご相談者様からの相談予約
 ↓
相談者様との相談実施(ご指定の場所へ直接伺うことが可能です)
 ↓
見積もり・着手金額(見積報酬額の50%)の提示
 ↓
着手金のお支払いをもってご依頼
 ↓
契約内容の精査
 ↓
精査内容の最終確認
 ↓
正式文書化
 ↓
契約書(翻訳書)を当事者へ交付
 ↓
残金のお支払い
 ↓
英文契約書(翻訳書)作成終了

英文サポートセンターへのリンク

英文契約書作成・翻訳の種類

  • A英文契約書和訳【英⇒日】
  • 英語で書かれた契約書を日本語に翻訳する作業です。

  • B和文契約書英訳【日⇒英】
  • 日本語での契約書を英語に翻訳する作業です。

  • C和文覚書の英訳【日⇒英】
  • 日本語での覚え書き・約束事を英語に翻訳する作業です。

  • D英文契約の精査【英日】
  • 1、英語で書かれた契約書の内容を法的にチェックしてアドバイスします(アドバイス内容は書面化します)。
    2、日本語で書かれた契約書の内容を法的にチェックして英文契約を作成する際の注意事項をアドバイスします(アドバイス内容は書面化します)。
    3、翻訳は含まれません。翻訳まで希望される方は、上記ABCのいずれかをお選び下さいますようお願いいたします。

報酬額

A英文契約書和訳【英⇒日】:A4サイズ1枚あたり3万2千円
B和文契約書英訳【日⇒英】:A4サイズ1枚あたり3万8千円
C和文覚書の英訳【日⇒英】:A4サイズ1枚あたり3万4千円
D英文契約の精査【英⇔日】:A4サイズ1枚あたり2万2千円
 
なお、
A4サイズ一枚あたりの文字数は40文字×36行=1440字(Office Wordの初期設定文字数)を上限として計算しております。
上限に至らない場合でも報酬額は上限の場合と同じです。

お問い合わせ

Contract

A written agreement is a very important thing for English speaking foreigners. Anything not included in a written form of contract can and will be regarded as non-existent. Therefore, when dealing with English speaking foreigners, I will recommend that you prepare a written form of contract in English in order to avoid future conflict.
You need deep knowledge of both English and laws for a written form of contract in English. Even if ordinary English conversation and Legal English are the same one, the two English are very different for you. Even if you are a good English speaker, I think that you don’t know American law without learning it.
I have had an experience that I translated a contract from Legal English into Japanese and made a written contract in English.
I did study Japanese law in law school during 3 years and did study to read treatise written in English. If you need my help and assistance in preparing English contracts, I wish that you contact me who am a juris doctor and an administrative scribener.
my office name is
【Takaya Maezato an Administrative Scribener office】.

Please press the button below.

Inquiry

To seek further infomation,
Please press the button below.

英文サポートセンターへのリンク