業務相談

業務相談
沖縄で法律がらみ・役所がらみかな?というお悩みなら
 

面倒な手続を1度で終わらせたい方へ

行政へ何らかの申請をした経験がある方、一度で申請を終えたことはありますか?
何度か、別の部署や、あるいは、別建物の役所へ行ったことはないですか?
自分で申請するからには、1度で申請手続を終えたいものです。
そうお考えでしたら、まずは、
沖縄在
【真栄里孝也 行政書士事務所】
へご相談ください。必要書類を私の方で事前確認いたします。

文書ってどう作るの?

・遺言書をどう書けば法的に問題のない遺言書となるのだろうか?
・遺産分割協議の結果をどうまとめたらよいのだろうか?
・離婚協議書をどう書けばよいのだろうか?
・婚前契約書って何だろう?

こんな場合ってどうするの?

・身内が遺産を残して死亡したがどうしたら良いだろうか?
・開業したいけど、勝手にやって良いのだろうか?
・資金援助が欲しいんだけど?
・離婚を決意したんだけど?
・自動車を知り合いから買ったけど?

などなどのような疑問がありましたら是非一度【真栄里孝也 行政書士事務所】にご相談下さい。
行政書士である私には、行政書士法12条により守秘義務が課されておりますので、秘密をもらすことはございません。
どうぞご安心下さい。
 

当事務所での相談のメリット書面化サービス

“相談”は、対面での話し合いとなります。
即座に反応が返ってくるという点に“相談”のメリットがあります。
しかし、“相談”は主としてその場での言葉のやりとりになりますので、記憶に残りにくいというデメリットがあります。
せっかく相談したのに、利害関係人に上手く説明することができないという結果が生じやすいのです。
 
そこで、【真栄里孝也 行政書士事務所】では、相談後に、手紙やメールにて相談結果を文字化して報告するサービス(書面化サービス)を提供しております。
この報告書面をもとに、家族などで十分に話し合いをして相談の結果を上手く生かして欲しいと思います。

業務相談料金

  • 30分:3千円
  • 1時間:5千円

※相談結果の書面化サービス代も含みます。
ただし、相談後にご依頼いただけますと、相談料は無料になります。

守秘義務

行政書士である私には、下記行政書士法12条により守秘義務が課されておりますので、秘密をもらすことはございません。
どうぞご安心下さい。

行政書士法12条(秘密を守る義務)
 行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。

contact250_gray