*

沖縄から東京へ【真栄里孝也 行政書士事務所】(3)

公開日: : 出張 , , , ,

写真は『東京都立工芸高校』です。

研修初日

初日の時間割は朝の9時から18時までです。
長丁場の研修です。
時間に遅れないように朝の8時にはホテルを出発しました。
JR御茶ノ水駅から1駅隣の水道橋駅までなので直ぐ着くと思いましたが、不慣れな場所なのでかなり余裕を持っての出発です。
沖縄とは違って、駅まで行けばそこから行きたいところに交通渋滞なく行ける東京がとても羨ましいです。
水道橋駅までは直ぐに着きました。

研修場所はどこ?

水道橋駅を出ると、研修場所の探索です。
持ってきた地図を取り出して、まず駅を出て右に行くのか?左に行くのか?のチェックです。
地図を見ると東京ドームの方向なので、駅を出てから左へ進みました。
直ぐに川が流れておりその上に架かっている橋を渡ると、大きな道が交差する十字路でした。
左斜め前には大きなホテルがあります。
東京ドームホテルです。
なんと、地上43階建て。
かなり高い!
よく倒れないものです。
十字路の右をみるとかなり近代的な建物が・・・。
信号を渡りその建物を間近でみると、『東京都立工芸高校』と書かれていました。
高校だったんですね。
およそ学校の建物とはいえない外観でした。オフィスビルといってもいい感じの建物です。
その学校の側を通って100メートルほど直進した所に研修場所があるはずですが、見あたらない!
何度かそこら辺をうろうろしながら何度も地図を確認。
入り口が小さかったため見逃していたことが判明して一安心。
この時点で8時50分頃になっていました。
早くホテルを出ていて正解です。
研修室についたら100人の研修生が入る大きな部屋がありました。
座席を確認すると真ん中の前から2番目。
先生が目の前の緊張する席です。
でも、前に1人座っているからいいかな、と思い着席しました。

2時間目

2限目が始まりましたが、私の前に座っていた方がいない!
帰ったのだろうか?と思って回りを見渡すと、後ろの空いていた席にその方が座っているではありませんか!
結局、講師の目の前に座ったのと同じ状態・・・。
勝手に席を変えないでくれ~と心の中で叫びつつ、講習を受けることに。

お昼休み

お昼休みは50分間。
近くのコンビニに行って弁当を買うことにしました。
コンビニに入ると人がいっぱいです。
あまりに人の出入りが多いので、ドアが開くときの音楽が鳴りっぱなしの状態でした。
もう開けっ放しでいいんじゃないか?と思うぐらいです。
中では、2つしかないレジに人がたくさん並んでいて、なかなか自分の番が来ません。
あんなに混雑したコンビニは初めて見ました。

---次話へ続く---

関連記事

実務登録講習(宅建)

修了試験の結果は??沖縄から東京へ【真栄里孝也 行政書士事務所】(5)

講習最終日  さて、いよいよ講習最終日です。  最終日は、講義自体は15時30分で終了し、15時

記事を読む

沖縄から東京へ【真栄里孝也 行政書士事務所】(2)

目的地へ 電車で目的駅(JRお茶の水駅)に着いた時点で予定チェックイン時刻の午後5時を過ぎていまし

記事を読む

アメリカのクロネコヤマトは日本と少し違う

写真は・・・  上の写真は、米国のクロネコヤマトの写真です。  アメリカのアリゾナ州のとあるガソ

記事を読む

ハートブレイク・沖縄から東京へ【真栄里孝也 行政書士事務所】(4)

講習は順調に 講習初日も残すところ、あと70分、というところまで来ました。 私の気持ちは既に池袋

記事を読む

20140913(水道橋後楽園))

沖縄から東京へ【真栄里孝也 行政書士事務所】(1)

約1400字(読了≒2分) いざ東京へ 2014年9月12日、羽田へ向かうため那覇空港へ出発しま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • メールアドレスを記入して購読していただけますと、更新をメールで受信することができます。

    159人の購読者に加わりましょう



  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
    にほんブログ村



戦争暴言(丸山議員)

戦争暴言の発言内容の確認  元、日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が「

準強制性交 父に無罪…

名古屋地裁岡崎支部判決(2019年3月26日)  朝日新聞の記事(2

投票結果の数字を曲解して評価する人々…

RIE辺野古基地をめぐる県民投票無事に終わりましたね。 真栄里そ

女性であることってそんなに罪ですか!

RIE女性であることってそんなに罪ですか! 真栄里え〜と、いきな

安心してください、パンツを穿いています!(LGBT差別を巡って)

約4,500字 小川論考の要旨  文藝評論家の小川榮太郎氏『政治は

→もっと見る