*

セブンイレブン敗訴確定(「見切り販売」妨害事件)

セブンイレブン敗訴確定
photo credit: patricialow via photopin cc

約1500字(読了≒3分)

ことのあらまし

セブンイレブンの加盟店が廃棄前の弁当などを値下げする「見切り販売」を実施しようとしたところ、その実施をセブンイレブン・ジャパン側に妨害されたとして1億3900万円の損害賠償請求訴訟を加盟店のオーナーがセブンイレブン・ジャパンを相手に裁判所に提起した、という事件です。
もし「見切り販売」を実施したら店は続けられない、などとセブンイレブン・ジャパンの社員に言われた加盟店のオーナーが、「見切り販売」の実施を取りやめざるを得なかった、ということです。

最高裁の判断

gooニュースによると、

最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は14日付で、賠償を命じた東京高裁判決に対する同社の上告を退ける決定をした。

ということです。
これにより、東京高裁判決が確定しました。

東京高裁判決は?

1億3900万円の損害賠償請求に対して、東京高裁は、「加盟店の合理的な経営判断の機会を失わせた」と指摘して1100万円の支払いをセブンイレブン・ジャパンに命じました(2013年8月)。

法的構成は?

おそらく、不法行為に基づく損害賠償請求です(民法709条)。
この請求で重要なポイントは、
①違法行為(故意・過失行為)
②権利・利益侵害
③損害
④因果関係(①と②、②と③の間)
です。
ここで、東京高裁は「加盟店の合理的な経営判断の機会を失わせた」と指摘しています。
これは、「見切り販売」を実施したら店は続けられない、などと言ったセブンイレブン・ジャパンの社員の発言が加盟店の合理的な経営判断の機会を失わせ、「見切り販売」の実施取りやめにつながったという判断です。

 1、「見切り販売」したら、店は続けらないとの発言(①過失行為)
     ↓④因果関係
 2、加盟店の合理的経営判断の機会喪失(②利益侵害)
     ↓④因果関係
 3、「見切り販売」実施取りやめ(③損害額の発生)

という判断を東京高裁はしたということになります。

妥当性

この事件では、東京高裁判決よりも先に公正取引委員会がセブンイレブン・ジャパンに「見切り販売」を制限したとして独禁法違反(優越的地位の乱用)で、排除措置命令を出していました(2009年)。
セブンイレブン・ジャパンの行為は独禁法に反する違法行為に該当します。
この行為は民法でも違法です、と東京高裁は判断し、その判断を最高裁が指示したのが本件でした。
セブンイレブン・ジャパンの社員が「見切り販売」をしたら店は続けられないと発言したのでしたら(訴訟ではそう認定されました)、独禁法違反(優越的地位の乱用)に該当しますし、また、東京高裁と最高裁の判断も民法的に妥当だと思います。

まとめ

「見切り販売」したら、店は続けられないとの発言は、加盟店に対して優越的地位にあるセブンイレブン・ジャパンがその優越的地位を乱用したことに該当しますので、独禁法違反であることは間違いありません。
東京高裁は独禁法違反についての判断はしていませんが、損害賠償請求訴訟においても、セブンイレブン・ジャパンの上記行為は違法行為である、というのが東京高裁と最高裁の結論でした。

感想

経済的には「見切り販売」は合理的だと思います。
しかし、セブンイレブン・ジャパン側はそれに強行に反対しました。
理由の1つが安売り合戦に巻き込まれる、ということにあります。
ただ、廃棄直前の弁当類に限定した「見切り販売」ですから「見切り販売」が安売り合戦に巻き込まれるという因果関係は薄いように思いますが・・・。
フランチャイズ契約の中でも、販売価格は自由に決定することができるという条項があったようですから、法的にも加盟店側に理があると言わざるを得ないかなと思いました。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • メールアドレスを記入して購読していただけますと、更新をメールで受信することができます。

    159人の購読者に加わりましょう



  • にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
    にほんブログ村



戦争暴言(丸山議員)

戦争暴言の発言内容の確認  元、日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が「

準強制性交 父に無罪…

名古屋地裁岡崎支部判決(2019年3月26日)  朝日新聞の記事(2

投票結果の数字を曲解して評価する人々…

RIE辺野古基地をめぐる県民投票無事に終わりましたね。 真栄里そ

女性であることってそんなに罪ですか!

RIE女性であることってそんなに罪ですか! 真栄里え〜と、いきな

安心してください、パンツを穿いています!(LGBT差別を巡って)

約4,500字 小川論考の要旨  文藝評論家の小川榮太郎氏『政治は

→もっと見る