宣誓供述書(Affidavit)の作成承っております。

新年の挨拶(2016)_wm

英文サポートセンターへのリンク

【真栄里孝也 行政書士事務所】では、宣誓供述書の作成を承っております。
 外国人(米国人を主たる対象としております)が日本で不動産を購入する際、住所証明書の提出を求められますが、その米国人が“在留カード”を持たない場合、日本の住民票を提出することが不可能です。

 そこで、住民票に代わって、米国大使館・米国総領事館の認証を受けた住所証明書を取得する必要が出てきます。

 その際に大使館・領事館に提出する書類が[ Affidavit ](宣誓供述書)です。
 宣誓供述書は日常会話ではまず使用されていない古い英語を用いているため、英語ネイティブであっても、法律を専門に勉強したのでない限り理解すること、作成することが困難となっております。

 【真栄里孝也 行政書士事務所】では、[ Affidavit ](宣誓供述書)作成のお手伝いをさせていただいております。

contact250_gray