【Q&A・法律マメ知識】<第7回>「取り立て男子」への対処法・Part2

photo credit: dpotera via photopin cc
photo credit: dpotera via photopin cc

【Q&A・法律マメ知識】<第7回>「取り立て男子」への対処法・Part2

質問と回答

Q5
 飲食代の5万円を私は元彼に返さないといけないんですか?
A5
 それは、割り勘との約束だったのか、おごりだったのか、によります。

Q6
 割り勘だったら返さないといけないんですか?
A6
 “割り勘”は、お互いが自分の分の代金だけを支払うということですね。
 もし、元彼があなたの分も含めて飲食代全部を払っていたとしても、それは単にあなたが飲食店に支払うべき金銭を、元彼が立て替えてあげたということになります。
 ですので、“割り勘”だった場合、元彼へあなたの飲食代を払わなければなりません。

Q7
 おごりだったら私は飲食代を支払わなくても良いんですね?
A7
 そうです。
 “おごり”は、飲食物の贈与ですから。

Q8
 でも、“おごり”か“割り勘”だったかハッキリしないんですけど・・・。
 私としては、“おごり”だとずっと思ってはいたのですが・・・。
A8
 どう区別するかが問題ですね。
 デートでは男性が女性の飲食代も支払う、というのが少し前までの常識でした。
 そういう常識の下では、“割り勘”との話がない限り“おごり”だと理解して良かったのです。
 今はどうなんでしょうか?
 私としては、まだ、一般的には、デートでは男性が女性の飲食代も支払う、という常識があるのではないか?と感じています。

Q9
 とすると、私の場合も“おごり”と理解して良いんですか?
A9
 そうですね。
 特に、元彼から交際中に飲食代を支払うよう求められていなければ“おごり”と理解して良いと思います。